pc4beginnerの日記 はてなブログ版

はてなダイアリーで書いていたブログの移行です。

人が辞めていく会社。

※この話はもしかしたらフィクションです。

こういう時代だからこそ、会社が試される難しい状況になった時

「頑張りましょう」

と所属している人々に支えてもらえるか、

「では、ごきげんよう

とサヨウナラされるか、それまでの積み重ねが試されると思うのです。

とある会社で、歯が抜けるように短期間に人が辞めていく状況を見ていて、その組織の中で渦巻き続けていた不満と照らし合わせると「当然だよなぁ」と思ってしまうのです。特に問題の発生源が決裁権を持つ上司だったため、閉塞感とやる気の減少状況は酷いものでした。

どんなに人が辞めても補充されれば組織は一応回りますが、人とともに失った「経験」がボディブローのようにじわじわと組織を蝕んでいきます。きちんと継承の手続きを踏んでいれば自然と回復しますが、そうで無ければ衰退します。会社の看板なんてしょせんハリボテ、中で支える人材があって初めて成り立つ「虚構の器」だとおもうのです。

でも、人がいなくなるということは、残った人にはチャンスな状況とも言えます。もちろん、そこで踏ん張った成果は会社ではなくその人の「経験」となるんですけど。

そしてたいてい歴史は繰り返し、「経験」は流出します。

どっとはらい

任天堂 “驚き”を生む方程式
井上 理
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 38,834

消えた「中間管理おじさん」と「お節介」

去年の4月に書いた「アタマのいい人を働かせる解決策と、それが抱える問題点」の最後で問いかけた

しかし、昔は組織の中に緩衝材と呼ばれる人たちがきちんと組み込まれ、機能していました。
次回はそんな緩衝材が何処に行ってしまったのか書いてみたいと思います。

を受けるエントリを書いてなかったようなのでちらっと書いておきます。


この緩衝材とは、暇な時間がある中間管理職のおじさん達のことです。何処に行ったかというと、会社に居ることは居るけど緩衝材としての働きは辞めてしまった、もしくは(特に早期の)定年退職で会社を辞めてしまったようです。残った人は普通に目先の仕事をこなしています。これについては後述。


私が就職するちょっと前の世代では「こいつ仕事してるのか?」的な中間管理職がちらほらといたようです。推測なのは実際にそれを確かめたからではないためですが。


しかし大企業で3年ほどお手伝いしたときにはそんな古き良き時代を引きずった方が実際にいましたし、実家が接客業を営んでいた関係でそう言う話を聞く機会は結構ありました。というか、私そのものが接客業を営んでいた時代もあるのですがここでは割愛。


ちなみにこの緩衝材となれるおじさん達は頭が悪いわけではありません。「考える」事は大好きだけれども「仕事」は嫌いなパターンが多く、結果目先の利益にとらわれず遠くのビジョンを描くことができる人が多いです(私が見聞きした範囲では)。会社が課す売り上げノルマよりも、自分が考えたことや見えてしまった問題点を潰すことの方にやりがいを感じてしまうのですね。


これはビジネスマンという戦士としてはいかがなものかという感じですが、会社組織はほとんどが不完全なものなので、こんな人たちがその不完全さを「緩衝材」として補っていたわけです。ところが会社からそんな事を許す「ブカブカさ」が消えつつあり、決して頭が悪くない緩衝材の方々は仕方ないので目先の利益を追うようになっていっています(これ、残り香のする方に直接言われました)。


こんな理由のため現代の会社組織では緩衝材はほぼ死滅してしまったと思われます。私の所属している会社でも既に緩衝材となるブラブラしている係長〜課長クラスのおっさんは見かけなくなりました。その結果優秀な人材が流出、もしくは在籍していてもやる気を失ってアイデアをあげてこなくなり、それが原因で会社が衰退していく悪循環が起きているような気がするのです。


まぁ、衰退という視点ではこれはあくまでも一因で原因の全てではありませんが、少なくとも優秀な人材が産み出すビジネスのネタが減っているのは間違いないと思います。ビジネスとはアイデア(企画)をもとにそれを実現(技術)し、広めていく(営業)ことで、そうやってカネを稼ぎます。稼ぐ元が枯渇すれば稼げません。そしてそのアイデアを生み出す人たちは、実は緩衝材に守られることではじめて真価を発揮するものなのです(一部必要としない人がいますが、そんな人材は人を使う方に回るのでここでは割愛)。


あと、緩衝材が消えたことでギスギスした空気が蔓延している会社が増えているような気がします。緩衝材はじつは優秀な人材だけでなく、「お節介」という手法を使って若手と会社をつなぐ事もやっていたわけです。


このおじさん達がやっていたのは本当に単なるお節介です。そして現代社会(特に若い人たちの間)ではお節介を忌み嫌う風潮が増えているような気がします。自分のことは自分でやるし、他人に干渉している暇はない、と。


しかしお節介はそんな風に割り切って良いものなのでしょうか。そして若い人たちにこのお節介は不要なモノなのでしょうか。


いいえ、そんなことはありません。これは現代社会で結構な問題のネタとなっているのですが、これについて詳しくは次の機会にしたいと思います(次はいつになるのやら、ですが。)


今日はそんな感じ。

社員の労働時間もコストです

システムの仕事をしていると、ユーザーの作業時間を短縮する事でコスト削減を提案する事があります。


するとほとんどの場合でこういわれます。


「pc4beginnerさん、社員の労働時間はコストに含まれないので。。。」


・・・システム化って、社員の作業時間を短縮するものではないんですか?


どうも情報システム部の工数を、コストとして加算しない会社が多い。
だから無駄に打合せ時間も長いし、無駄な検討が多いように感じます。


システム化とは、コストを下げる事です。


そして、これも良く言われます。


「システム化して大変になりました・・・」


中途半端にシステムを入れると、絶対こうなります。社長主導とか、強力な権限で全社的にシステムに最適化し、一気に導入していかないとこういうケースが多いです。


システム化とは、そこで働いている人の仕事を楽にする事です。
※全社的に最適化するので、一概に言えない事もありますが・・・


誰かが不幸になっていたら、それはシステム化に失敗している可能性が高いです。


システム導入時には、これを絶対頭に入れて下さい>経営者様


今日はそんな感じで、

世の全てのアラサーの方達へのエール。

仕事で色々とご相談をさせてもらってたビジネスパートナーとメールをやり取りしていて、こんな文章が出来たので転載しておきます。以下、メールより一部抜粋(※個人名は仮称に、具体的な業務名なども一般的なものにしています)。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


さて。


整理が付かない、というのはそれだけ真面目に考えている証です。
なので頑張って悩んでください。
悩まなければ納得した答えは出ないし、納得した答えでなければそのとき設定した目的が高い確率でぶれてしまうと思うからです。


イチローさんの性格では他人のアドバイスはあまり要らないと思いますが一応pc4beginnerの経験談を書いておきます。


実は30歳前後のpc4beginnerは、最も苦しみもがいていた時期でした。
※なので同じ年齢に差しかかろうとしているイチローさんにも働きかけてました。


給料が減り、ジョブチェンジがうまくいかず、この業界に入ったときの目標すらぼやけはじめていた頃です。次のステップに進むために闇雲に様々な事に手を伸ばし、結果的に殆どが失敗に終わっています。何も考えずに前進できた時期が終わり、考えるという事がいかに大切かを痛感させられた時期でもありました。


しかしここでもがいた結果、私の中の引き出しが異常に増えました。
この数年(自分の主観では)安定して生活できているのは、この引き出しが増えていたからだと感じています。なので引き出しを増やすことは継続して実行しています。


結局私は30歳の段階では、そのビジネスで持っているスキルを磨く事に専念しました。しかし次のステップ探しは継続させるため、闇雲に手を出していた中から唯一金になる副業のみ残して後は切り捨てました。その直後にたまたま結婚相手が見つかって生活も(強制的に)落ち着かせられ、業務でもイチローさんのような有能なパートナーに恵まれたため、この数年を切り抜けることができました。ありがとう。


ただしここにきて現在のビジネスに終わりが見え、徐々に不安定になりつつあります。次に進むためにまたもがき始めているのですが、既に1度経験した事なのであまり苦しまずに済んでいます。前回悩んだ時とそれ以降に増やしてきた引き出しの中から、実行できそうなものを選び、それにチャレンジをしているだけなので。


年齢を重ねるとなかなか苦しむ時間が持てなくなるので、今のうちにたっぷりと悩み、考えてください。イチローさんのようにタフな人間なら、きっと十分な時間をかけて考え、引き出しを増やし、足下を固めることが出来るはずですよ!


それでは声をかけてもらえる日がくる事を楽しみに終わりにします。
まずは目の前の業務、やっつけていきましょう。


ではでは。

仕事をした分、給料がもらえると言うこと。

※既に十数年の月日が経ち、オリジナルの言葉は全然思い出せないと先に注釈しておきます。

ふと思い出す機会があったので備忘エントリです。


「仕事をする人にはきちんと支払わないとね」


理容師をしていた頃、某住宅メーカーの社長さんに言われた言葉です。


仕事柄、接客中にはお客様といろんな話をするのですが、その日は会社では営業職の方々に実績ベースの給与制度に踏み切ったと言う話を聞いていました。とはいえ、今までの給与形態が変わるのは大変だなぁと思います。そんな疑問をぶつけたところ


「でも、彼らの仕事はお客を捜して、お金をいただけるようにすることだから」
「そうは言っても、今までの給与ベースにちょっと幅を持たせるだけだけどね」
「本当はもっと売上に直結させたいんだけど」


当時の自分はまだそこまで売上げに対する責任というものが理解出来ていなかったので、そんなものかなぁと聞いていたのですが、この言葉だけはとてもよく分かりました。


「入ってくるお金は決まっているんだから、減らすところから減らさないと払うところに払えないんだよ」


つまりきちんと仕事をした人にお金を支払うためには、仕事をしていない人に支払うお金を減らすしかないのだ、と。


会社組織では金にならない仕事があることは以前のエントリ「アタマのいい人を働かせる解決策と、それが抱える問題点)」等で書きましたが、それでもこの大原則は外してはならないのです。


そんな会話を経て、冒頭の言葉に繋がっていくわけです。


特に営業は仕事を取ってくるのが仕事なのですから、この大原則に従えば売上げに直結する作業を最優先させる必要があります。結果として報酬や地位、その社員が求める何かが対価として会社より支払われる。それがあるべき姿なのです。


そうそう、こんな事も言っていたような気がします。


「言い訳なんていくらでも思い付くんだよ。欲しいものをもらうなら、きちんと結果を出さないと」


本当はもっと密度の濃い、含蓄を含んだ言葉をいただいた気がするのですが若輩者だった当時では吸収しきれていませんでした。それを今実践しながら、当時吸収できなかった言葉を自分の言葉で補っている毎日のような気がします。


今日は自戒の意味を込めてのエントリでした。

ASPはVBじゃないですよ、と>システム営業の人たちへ

何度言っても自社の営業に理解されないので、ちょっとまとめた物をエントリしておきます。ちなみにここでのVBはVB6.0でVB.netではありません。ええ、まだまだVB6.0生き残ってますよ。


で。


システム営業の方が良く勘違いされるのが、VBが出来ればASPも出来るという都市伝説。即戦力という触れ込みでVBオンリーの経歴書を渡されるとガッカリします。


ASP(ActiveServerPages)では、VBとよく似たスクリプト言語であるVBScriptが使われます。そしてこのスクリプト言語から呼び出すダイナミックリンクライブラリ (dll)はVBで作成しますので、ここはドンピシャです。VBオンリー技術者で問題無くクリアできるのはここまで。


この他にJavaScriptというプログラムの技術が必要になります。画面上のちょっとした動作に対する反応はこれで作成します。これも使えないと役立たずです。プログラムの基礎を学校などで学んでる方なら、まぁ問題はない場合が多いのですが。


そしてASPはWebの仕組みで動く技術なので、この知識が無い人は仕様書を読みこなしてプログラムする「プログラマー」はおろか言われたとおりにプログラムする「コーダー」すら難しい。


なぜなら、言われたとおりにプログラムを書こうとしても、そのプログラムがどのように動いているのか理解していないので、ちょっとしたテストすらままならないのです。もちろん出来る人もいますが、そんなのは例外中の例外です。


「そんなもの現場に入ってから学べるのでは?」


甘いです。


お気持ちは分かりますしその通りとは思いますが、私の見た限りwebの仕組みをすんなり理解した人はそういません。なので即戦力としては売れないのです。むしろVBオンリー技術者より、JavaでのWeb開発経験がある方のほうが習熟は早い。単価的にムリですが。そこを理解して欲しいのです。貴方たちの即戦力と、実際の即戦力はまったく違いますよ、と言う事を。


あと、変わったところでは.netだけのエンジニアもNGだった事。ASPはWeb周りの統合開発環境が.netほど整っていないため、テキストエディタでの開発作業が結構なウェイトを占めます。なのでプログラムを書いている間、間違った書き方や問題となる箇所を教えてくれません。動かしては試し、試してはソースとにらめっこという作業では経験がモノを言います。便利な統合開発環境に頼り、その経験を積んでいないエンジニアではこれが出来ない人がいる。


.netが上位だからといって使えるわけではないのです。webの技術なのに。


これらの問題をどうするか、と言う話抜きで


「即戦力なんだから現場に紹介してよ」


と言われても、責任が持てないので紹介できません。


で、苦言。
いい加減この言葉でお茶を濁すのはやめましょう。


「いや、技術の勉強もしなきゃいけないと思うんだけどね」


何年も同じ事を言っているのに出来ないのですから、技術の部分についてはこちらの言葉を聞いて下さい。


私は営業ではありませんので、最終的な金の話には口出しをしません。それは貴方たちが営業という「プロ」である事を尊重しているからです。ただし技術については少なくとも「プロ」として活動していて、貴方たちより知識があると自負しています。それだけは分かって欲しいのです。


・・・なんか前にも同じような締めのエントリを書いたような。

社員を育てられないのに育たないと呻く管理者と営業の方々へ

忘れる前にエントリ。


社員が自らを高めるために努力する。
当たり前の事です。


自分の事なんだから自分で考える。
確かにその通りです。


それを言い訳にして、そこに携わらないのは怠慢です。
そう、これは言い訳なんです。


良い社員がいない?
良い会社じゃ無いからです・


何故良い会社じゃない?
良い社員がいないからです。


では、どうしたらいいのか?
良い社員を育てればいいんです。


いい加減、負のスパイラルから抜け出しましょう。
良い社員となる素材はいっぱいいるんですから。
育てられる方も、育てる方も。


我々の会社は良い会社になれる可能性を秘めています。
信じているからこそ、頑張れるんです。
一緒に頑張りましょう。我々なら出来るはずです。


なんて。